意外!?地上波テレビつまらない→WOWOW加入者増加中のワケ

WOWOW絶好調

地上波テレビオワコン化で視聴者がWOWOWへ流れている

WOWOWの加入者が増加の一途、過去最高益を叩き出しています。

快進撃はなぜ起きているのでしょうか?

テレビがつまらなくなった理由「老人に媚を売る地上波テレビ」

視聴率低下で予算も削減

地上波がつまらなくなった理由は、視聴率低下に伴い予算が削減されていることです。

無料放送で広告収入がメインの地上波テレビは、視聴率を追求してきました。

高齢化社会ゆえに視聴率を優先すると、当然高齢者向けの番組が多くなります。

その結果、若者はテレビから排除されてしまいました。

ゴールデンタイムのアニメ放送がなくなり、子供たちはネットへ流れ込みました。

老人向けの番組はカラオケや時代劇ドラマといったものが多く、若者から中年層には飽き飽きする内容です。

その結果、家族みんなで見るテレビから、老人だけが見るテレビになりました。

テレビ全体の視聴率も低下していきました。

今はネットがあります。ネットなら若者向けのコンテンツも充実しています。

一方、ネットに馴染みのない中年層にはマニア向けのWOWOWが便利です。

有料なので視聴率を気にする必要がありません。独自のコンテンツが充実しています。

テレビとネットの中間のような立ち位置がWOWOWであり、それが魅力なのです。

実際WOWOWの加入者は40代が多いそうです。

規制とコンプラでガチガチのテレビ「スポンサーという呪縛」

地上波テレビを見ていると、規制やコンプラが多いことに気づきます。

言っちゃいけないことがあって、出演者も言いたいことを飲み込んでいるのが伝わります。視聴者も笑いたくても笑えません。

この芸人さんは、ほんとは笑ってないんだなということを視聴者は気づきます。

グルメ番組を見ていても、ホントは美味しくないのに美味しいと言わざるを得ないレポーターがいるのを知っています。

スポンサーの呪縛です。しがらみがあるから、テレビはどんどんつまらなくなってきました。

しかしWOWOWにはそんなしがらみはありません。スポンサーがいないので、気にする必要がないのです。

それゆえに独自のコンテンツが充実しています。スポンサーのためにグルメ番組を作ってビールの宣伝をする必要がないのです。

「老人に媚を売る地上波」VS「マニア向けサブスクリプションのWOWOW」

地上波は老人のコンテンツばかりで、楽しめる内容ではありません。

老人は朝から晩まで無料の民放を見ていますが、老人以外には何が楽しいんだか全くわかりません。

今の若者〜中年層はこの現状に飽き飽きしています。

なのでお金を払ってでもいいから、自分の好きなコンテンツが見たいと思うのは当然です。

WOWOWの番組は海外サッカーやボクシング、アーティストライブ、マニア向け映画などを放送しています。

これらは地上波では放送されません。放映権料や視聴率など気にする必要があるからです。

一方WOWOWは視聴率よりも加入者数に重きを置いているのではないでしょうか。

いち早く安室奈美恵さんのライブを放送するなど話題作りも上手です。

時代は無料から有料(サブスクリプション)へ

ユーザーの趣味が多様化した今、普遍的な面白さ持つ番組などありえるのでしょうか?

人によって面白いと感じるものは様々です。ですからお金を払って自分の好きなものを見るという時代なってきました。

これからもサブスクリプションは主流になっていくでしょう。

ネットフリックスやHulu、スポナビライブやDAZNなど有料がメインになっています。

コンテンツを充実させるためには無料では限界があり、どうしてもサブスクリプションになるわけです。

今は丁度フリーコンテンツから、サブスクリプションコンテンツへの過渡期にいると思います。

サブスクリプションに慣れていない層をWOWOWがうまく取り込んでいます。まだネットコンテンツに課金するのを躊躇する人たちです。

フリーからサブスクリプションへの入り口がWOWOWなのです。

ビジネスモデルとしてはずっとサブスクリプションを導入してきたWOWOWですが、やっと時代が追いついたというところでしょう。

テレビでの会員を増やしつつ、WOWOWはこれからネットに力を入れていくでしょう。イマジカも買収し、着々に次の時代へと対応しているWOWOW。

時代の波にうまく乗っているWOWOWにこれからも期待してしまいます。

↓WOWOWの申し込みサイトはこちら

WOWOW