WOWOWは録画番組のダビングができない!でも移動はOK

解説

WOWOWのダビング制限

録画したWOWOWの番組をDVDやBDにダビングしようと思ったら、できないなんてことありませんか?

WOWOWは映画やドラマなどが多く、権利の関係からダビングができません。コピーワンスという制限がかかっています。

一体このコピーワンスとは何なんでしょうか?

コピーワンスとは

コピーワンスとは録画が一回限り、その後は移動しかできないというコピーガードの一種です。

ここでポイントはダビングはできないけれど、移動はできるということです。

つまり一旦HDDに録画しておいて、後でブルーレイディスクやDVDに移すといったことは可能です。

移動ですので、HDDにあるデータは消えます。

ちなみに機器によっては移動のことをムーブと書いてあったり、1回ダビングと書いてあったりします。注意しましょう。

このダビング制限ですが、通常使用の範囲内なら困ることはありません。

ほとんどの録画はHDDにすると思いますし、大事な番組だけブルーレイディスクやDVDに移すといった使い方ならなんら問題ないわけです。

なぜコピーワンスが存在するのか?

疑問

ではなぜコピーワンスが存在するのでしょう?

地上波ですとダビングは10回まで可能です。ダビング10と呼ばれています。

なぜWOWOWはダビング10ではなく、コピーワンスなのか?

おそらくですが、WOWOWの番組は権利関係が厳しいと思われます。

最新映画やアーティストライブなどが多く、海賊版で販売されると困るものが沢山あるからです。

放送するにあたって、権利者側と細かい契約を交わしているに違いありません。著作権者からすれば、ダビングし放題のテレビでの放送は避けたいはずです。

当然ながら、ダビングしたDVDやBlu-ray(海賊版)を販売するのはアウトです。

違法行為になりますので、絶対にしてはいけませんし、海賊版だと知っていたら買ってもいけません。

また友人間でもダメです。友達にWOWOWに加入している人がいて、見たい番組があったら、ダビングを頼んだ。謝礼に少し払った。これもアウトです。

犯罪行為ですが知らない人が多く、境界線をあっさり越えてくる人もいます。そういう人達のために、コピーワンスは仕方ないのです。

まとめ

普通に使っている分には、困ることはほとんどありません。永久保存版にしたい番組は、移動させればいいだけです。

ただ、一応頭の片隅にダビング制限の知識を入れておきましょう。

申し込みサイトはこちら↓

WOWOW