ゴースト・イン・ザ・シェルをWOWOWで放送!攻殻好きが放送時間とおすすめポイントを紹介するよ

ゴースト・イン・ザ・シェル(GHOST IN THE SHELL)をWOWOWが放送します。

原作は士郎正宗の漫画「攻殻機動隊」で、全世界にファンがいる有名作品です。

ハリウッドが実写化したということで話題になりました。

主演はスカーレット・ヨハンソン。北野武も出演しています。

攻殻機動隊大好きっ子が見どころを紹介します。

WOWOWでの放送時間

放送時間は以下の通り。(記事執筆時点での放送時間となります)

2018年

  • 2/3(土)午後8:00 (初回)
  • 2/4(日)午後2:15
  • 2/8(木)午後8:40
  • 2/11(日)午後6:45

攻殻機動隊をハリウッド実写化!見どころはココ!

ゴースト・イン・ザ・シェル(GHOST IN THE SHELL)ですが、興行的にはそこまで振るわず、失敗と言われています。

興行的にうまく行かなかった理由は、おそらく原作に忠実に作りすぎた。もうアニメで原作はさんざんこすられているので、ファンもストーリー展開は知っていて飽きています。

原作厨を気にしてこのストーリーにしたのでしょうが、ファンなら「もう知ってるよ」というストーリーです。

ただこの映画のすごいところは、映像です。VFXは桁違いにすごい。これぞSFという素晴らしい映像のオンパレードです。

日本映画なら間違いなく無理なレベル。

これだけの予算とCG技術を駆使して作られた実写映画は最近では珍しいのではと思いました。

また北野武や桃井かおりなどの日本人俳優も出演しています。ハリウッドに日本人が出ているだけで嬉しくなります。しかも北野武はなぜか日本語を喋っています。笑

初めての人には設定を理解するのが難しいと思うので、予習しておいたほうがいいかもしれません。

世界観てきにはマトリックスに通じるものもがあります。(というのもマトリックスは攻殻機動隊をモデルにしているからです。)

脳を電脳化し、人体が直接ネットに繋がるようになった時代。人間はダイレクトにネットに繋がる分、ハッキングされる恐れもあるという世界です。

主人公たちは公安9課という組織に属しており、サイバー犯罪を取り締まっています。

一応これだけ知っておけば大丈夫だと思います。

攻殻機動隊は1990年台の作品ですが、未だにSF好きに愛されています。この世界観は一度味わうと癖になってしまう。私も何度も見てますが、面白いですよ。大好きな作品です。

↓申し込みサイトはこちら

WOWOW